HOME »  社長コラム » 2013年

社長コラム

2013年

2013年12月 1日掲載

cl57.gif
 『今年の忘年会は12月27日に決まりました。』毎年ダイキョーでは、官庁御用納めに合わせて12月28日まで仕事をしたその夜、一年を共にした仲間とグラスや盃を交わし、その年を締めくくるのが通例となっていました。しかし今年はその日が土曜日のため、一日繰り上げることになったと、星野館長から説明があったのです。猛暑と残暑、大型台風の接近に振り回されている内に、暦は冬にかわり、会議では年末の予定を告げられました。「はて、秋はいつやって来てどこへ行ったのか、それとも来なかったのか。このままだと、日本が世界に誇る美しい四季は失われてしまうのではないのか。」...そんな危機感を私なりに抱いていた矢先。私が常日ごろ尊敬する先輩と酒の席でご一緒した、その帰りの事でした。ご自宅まで車で送った際に、『よかったらどうぞ。』と数十冊の本を渡されました。先輩は、そうしようとあらかじめ紙袋に入れて、それらを用意していたのでした。家に着き、仏壇のある和室の炬燵にあたりながら、その内の一冊を手にとって開いたときです。ふと、ある一文が目に留まりました。その本は、私の大好きな剣聖・上泉伊勢守(いせのかみ)のことが書かれた時代小説で、そこにはこんなことが書かれていました。『伊勢守が住む上泉城は上州赤城南麓(現在の前橋市)にあり、この地は一年の内、秋と春がない土地と言われている...。』「なんだ、500年も前からここはこういう気候だったのか、じゃあ心配ないな。」...私の危機感は、たちまち安心感へと変わり、「先輩ありがとうございます。」と、単行本に一礼し、問題は解決しました。このようにシンプルな性格は、私が上州人である証(あかし)なのでしょうか。『いや、吉澤さん。群馬には思慮深い人たちもたくさんいますよ。一緒にしないでください。』と頭に浮かんだ知り合いが、反論してきました。酒に酔って、おかしな独り問答をしている私に、『その性格はねぇ、おまえ。私たちの子供だからだよ。』壁に掛かっている写真の両親が並んで笑っていました。
 おかげさまで、このように気楽な一年を送ることが出来ました。お客様、勇士会をはじめ、ダイキョーに力を貸して下さったすべての皆様に御礼申し上げます。『感謝越年!』今年も一年間、本当にありがとうございました。

このページの先頭へ


リフォームサービスエリア

群馬県中毛地区

前橋市、伊勢崎市、玉村町

群馬県西毛地区

高崎市、安中市、藤岡市、富岡市

群馬県北毛地区

渋川市、吉岡町、榛東村

群馬県東毛地区

太田市、桐生市、みどり市、大泉町