HOME »  社長コラム » 影響

社長コラム

影響

2014年4月 1日掲載

『社長、お先に失礼します。』
スタッフ全員が帰ったひな祭りの夜、社長室に一人きりになりました。半月前に降った記録的な大雪のせいで、県内では多くの建物に被害が出ていました。『ダイキョー雪害対策本部』に急きょ配属になった私は、被害に遭ったお客様宅に伺う毎日が続いていました。丸一日現地を回って、会社に帰って調査表を書く作業は、連日夜までかかります。コラムの締め切りからは3日が過ぎていました。
 調査表を書き終えたあと・・・。腕組みをしながら腰かけた『社長の椅子』を左右に回しているうち、つい後ろの棚のアルバムに手が伸びました。そこには0歳から小学6年生までの私が写真に納まっているのです。実を言うとこのアルバムは、ネタ帳のような役目を果たすことがしばしばあり、過去に書いたチャンバラ、海水浴、運動会や相撲の話なども、写真の私が元気に動き出してマス目を埋めてくれたものです。
 しかしこの日、目に留まったのはある人物のことを思い出させる写真でした。『昭和四十八年四月、四の一』と縦に書かれた黒板が画面の右端に写っています。これは41年前、私が小学4年生に進級した時の記念撮影の1枚です。そして、男子17名、女子23名が4列に並ぶ最前列中央に凛々しく写っているのが治田先生、大学を卒業したての新任教師です。私の母親などは、『おまえはねぇ、4年生のときにハルタ先生に出会ったおかげで、いくらかましな子供になれたんだよ。』と、私を睨みながらも笑って話していたものです。先生が私の母校総社
cl61.gif
小にいたのはたった2年間でしたが、私はその2年間とも彼が担任をしたクラスで学びました。数年前、当時の教え子10人ほどで沼田市のご自宅を訪ねたとき、先生は『あの頃は毎日、どうやって子供達と遊ぼうか、そればかり考えて学校に行っていたんだよ!』と笑っていました。先生の言葉の(子供達)をスタッフに、(学校)を会社に置き換えると、私が彼から大きな影響を受けたことは間違いがないようです。
 ちなみに、彼の奥様も小学校の先生で、私の奥さんは彼女の教え子だったことはあとでわかった事でした。

このページの先頭へ


リフォームサービスエリア

群馬県中毛地区

前橋市、伊勢崎市、玉村町

群馬県西毛地区

高崎市、安中市、藤岡市、富岡市

群馬県北毛地区

渋川市、吉岡町、榛東村

群馬県東毛地区

太田市、桐生市、みどり市、大泉町