HOME »  社長コラム » 社長室の窓

社長コラム

社長室の窓

2014年5月 1日掲載

 開花宣言があってから、『まだ五分咲きくらいですか?・・・いや、あそこの木はもう七分咲きになりましたよ。』などと言葉を交わす間も与えず、ほとんど瞬間的に花開いた今年のソメイヨシノ。しかし、そのあとの花冷えで、新学期が始まる日まで満開の桜を楽しむことが出来ました。このコラムもあっという間に締切りがやってきたあと、白紙の原稿を持ったまま同じ日を迎えました。
cl62.gif
 ここからは小学校が正面に見えますが、真新しいランドセルを背負った新1年生が、おしゃれをしたお母さんに連れられて、初めての校門をくぐっていきます。多少気になるのは、(お母さんたちと私の年齢差が年々離れ、気が付くと親子ほどのそれに近づいている)・・・そのことです。スキップするように元気よく走っていく子や、不安そうにお母さんの後ろに隠れるように歩いていく子など様々で面白いのですが、いずれにしても子供たちにとって記念すべき1日目が始まったのです。
 ・・・時を同じくしてダイキョーでは、2か月の研修期間を過ごしたコバヤシさんが、先輩のミヤモトさん、シマダさんにつづき、正式にコミュニケーションスタッフの仲間に加わりました。仲間が増えるのはうれしいことです。
 このコラムが刷り上がる頃、季節は新緑となり、ランドセルの彼らも入学から1か月が経っているわけです。早くも学校に慣れ、毎日を楽しく過ごす子、元気すぎて少々脱線しがちな子、目立たないけれど宿題を忘れない子、または、なかなか新しい環境に馴染めず、いまひとつ調子の波に乗れない子など、大人の社会にもありそうな景色が5月の教室にも表れているころでしょうか。
 この部屋にはその子供たちの声が毎日届き、仕事のことで、うっかりむずかしい顔になりそうな私を笑顔に戻してくれたりします。そんな時は、「いや、ありがとうみんな、大人になったら、道の反対側のダイキョーに是非入社してください。」と、社長室の窓から教室のチビッ子たちに、ひそかなメッセージを送っている私なのです。

このページの先頭へ


リフォームサービスエリア

群馬県中毛地区

前橋市、伊勢崎市、玉村町

群馬県西毛地区

高崎市、安中市、藤岡市、富岡市

群馬県北毛地区

渋川市、吉岡町、榛東村

群馬県東毛地区

太田市、桐生市、みどり市、大泉町