HOME »  社長コラム » 7月のコラム(2014)

社長コラム

7月のコラム(2014)

2014年7月 1日掲載

cl64.gif
「どちらからですか。」
「群馬の前橋からです。」
 ここは伊豆半島南端、多少塩分を含んでいるのか、口にすると、ちょっとしょっぱいお湯が湧き出している海辺の温泉です。浜辺の松林を正面にながめ、繰りかえす波音を聞きながら、ゆっくりと朝風呂を楽しんでいる最中でした。となりの岩風呂から『おはようございます。ちょっと失礼しますよ、エヘヘヘ・・・。』と、私が居る檜(ヒノキ)風呂へ移ってきたのは、気さくな雰囲気が素敵な、年配の男性でした。彼は静岡県富士市にある製紙会社の会長さんで、70歳になった3年前に社長職を退き、現在は奥様と一緒に温泉巡りをする毎日なのだと話しました。私の年齢を知るや、『あと20年はやれますね、頑張って下さい。』ニコリとして、私に激励の言葉をくれたのでした。
 ところで・・・。『社長!コラムの締め切りは5月31日(土)でお願いします。^v^』社長室の机の上に、二枚に折って三角に立て掛けられたメモ用紙は、編集室・ノムラ改めオオヤマさんがこっそり仕込んで行ったものでした。その、キラリと光る涼しい目が特徴の彼女は、このメッセージに私が気付いたときには既に機中の人だったのです。新婚旅行先のハワイで、ご主人との甘い時間を過ごしている間にも小さな立て看板に私を監視させる手腕は、「さすがはハードチェッカーだ。」と、私をうならせるものでした。「はい、わかってますよ。」と、毎日メモに声をかけながら迎えたその締切日。原稿用紙を持ったまま、私は南伊豆に向けて、特急『踊り子』に乗り込んでいました。
 ・・・『ああ、暑くて有名なところですね。』と、湯気の中で会長が言った通り、この日、前橋の気温はこの時季では異例の35℃を超えていたのでした。南の島から帰って来た人達も、さぞや驚いたことでしょう。
 オオヤマ夫人、おかえりなさい、こちらが『7月のコラム』でございます。

このページの先頭へ


リフォームサービスエリア

群馬県中毛地区

前橋市、伊勢崎市、玉村町

群馬県西毛地区

高崎市、安中市、藤岡市、富岡市

群馬県北毛地区

渋川市、吉岡町、榛東村

群馬県東毛地区

太田市、桐生市、みどり市、大泉町