HOME »  社長コラム » ラジオCM

社長コラム

ラジオCM

2016年5月 1日掲載

 『5秒でお願いしまーす。』
 男性ディレクターがマイクを使って、ガラスの向こうにいる田中香(かおり)アナウンサーに指示を出した。ヘッドホンをした彼女はその声に頷くと、原稿に目をやり、リズムをとるように数回、首を縦に小さく振った。そして本番。30文字のキャッチコピーは、明るく抑揚のある声で、ピタリと時間内に収まっていた。
「へぇ、たいしたもんですねぇ・・・。」
 私は、目の当りにしたプロの技に、感嘆の声を上げながら、横を振り向いた。となりに座っている広告会社のM社長は、こちらを見てニコニコと笑っている。いつも、何気なく聴いている放送が、違和感なく、心地よい音楽のように聞き流せるのは、(このような力量の裏付けがあるからなのか)と、改めて気づいた瞬間だった。
 地元のラジオ局、『FMぐんま』を訪れたのは、桜の開花が宣言されたばかりの火曜日だった。
 ・・・「そうだ、CM流そう!」
 なんだか、JRのコマーシャルのようだが、今年の初め、こう思い立ったのには訳があった。ダイキョーには『勇士会』という協力業者会がある。住宅建築に係る職人の集まりで、メンバーはそれぞれの分野でのプロである。だからと言って彼らは、自分がやった仕事について『どうだ!』などという態度をとったりはしない。作るたびに、得意顔で「美味しかっただろう!」と、社内のスタッフにお世辞を強要する私の料理などとは、まるで次元が違う。彼らは、スタジオのアナウンサーのように、素人にはできないことを、サラリとやってのけるだけなのだ。
cl86.gif
 しかし、そういった彼らにも苦手なものがある。職人のメンバーは、総じて口数が少ない。『一度仕事をしてもらったら、とても良かった。』となるケースはたくさんあるが、その一度目の仕事を生み出すためのPRを自らすることは、あまり得意としない。
 そこで・・・。彼らの熟練した技術を、世間の人に知ってもらうキッカケのひとつとして、この作業に取り掛かったのだ。
 ・・・♪『ダイキョーリフォームで検索!ショールームでお待ちしています。』♪
 桜の花が満開となるころ、完成したCMが、ラジオから流れることになっている。

このページの先頭へ


リフォームサービスエリア

群馬県中毛地区

前橋市、伊勢崎市、玉村町

群馬県西毛地区

高崎市、安中市、藤岡市、富岡市

群馬県北毛地区

渋川市、吉岡町、榛東村

群馬県東毛地区

太田市、桐生市、みどり市、大泉町