HOME »  社長コラム » 『伝統行事』

社長コラム

『伝統行事』

2017年2月 1日掲載

『かけまくもかしこき いざなぎのおおかみ・・・。』
 仕事始めの日。社員全員が集まる中、新年の祈祷が始まった。相棒の岩崎副社長と共に、伝統的な行事は、わりと大切にする私である。
 ・・・『榊(さかき)に気を念じてから、玉串の根元を神様に向けて、二礼二拍手一礼の作法でお参りしてください。』
 時間前、初めてのスタッフもいたので、神主先生に頼んで、手ほどきをしてもらった。
「あれ、そうだったっけ・・・?」
 創業以来、毎年お参りしている私も、心の中でそうつぶやいた部分があった。何でもそうだと思うが、気付かぬうちに自己流に陥ってしまうことがある。私のゴルフなどはその典型で、ツアープロのライセンスを持つ副社長には、『社長、また、ここがこうなっていますよ。』と、スイングの指摘を受け、「あれ、そうですか。」と、そのたび、頭を搔いている。人や車にも検診、点検があるように、良好な状態を保つためには定期的なチェックが、その助けとなる。
 ところで・・・。私が言うのも何だが、ダイキョースタッフは、ひとりひとりが豊かな個性を持っていて、とても魅力的な人物の集まりだ。しかし、現在、習っているコンサルタントの先生はこうも言った。
『ある学者によると、会社というのは放っておくと、潰れるように出来ているんだそうですよ。』
 それでは困るので、会議や勉強会は定期的に開き、様々なチェックや知識の習得に時間を割いている。その成果の一つとして、スタッフブログは、ほぼ毎日更新されるようになり、各自、文章力もかなり上達した。
 ・・・全員が、教わった作法の通りに玉串のお参りを済ませると、神主先生が大幣(おおぬさ)を振った。
cl95.gif
『・・・かしこみかしこみ ももうすぅ?。』
 昨年の内に付いてしまったかもしれない自己流はお祓いされ、全員の身も心も清らかにリセットされた。
 ・・・そして、1か月後。このコラムが配り出されたある日の夕方、「鬼はーそとっ!」「福はーうちっ!」の大音量が、事務所の窓から聞こえてくる。ダイキョーは、伝統行事が好きな会社のようである。

このページの先頭へ


リフォームサービスエリア

群馬県中毛地区

前橋市、伊勢崎市、玉村町

群馬県西毛地区

高崎市、安中市、藤岡市、富岡市

群馬県北毛地区

渋川市、吉岡町、榛東村

群馬県東毛地区

太田市、桐生市、みどり市、大泉町