HOME »  社長コラム » 『プレミアムタイム』

社長コラム

『プレミアムタイム』

2017年8月 1日掲載

 梅雨入りが宣言されてから2週間余りが過ぎた、ある木曜日の早朝。雲は多めだったが、社長室の窓から見える空は明るく、程よい南風が吹いていた。
『明日は、家の片づけをするからね!』
 前日、わが家の実力者からお達しがあった。今日は、彼女が休みの日である。わざと予定を入れているわけではないが、『もう、いつも居ないんだから!』と言われることが多い、木曜日である。
 ところで......。人には誰でも、(好物)があると思うが、食べ物以外の彼女のそれは睡眠である。いつもの日より1時間だけ朝寝坊をするのが休日の贅沢で、彼女にとって至福の時間と言ってよい。普段、ヒマそうに見える私にも、大切な仕事は存在する。この日は、彼女のプレミアムタイムを利用して、早朝に出社したのだ。その間、岩崎副社長は、7時には身支度を整えて、早くも出かけて行った。
「出来る男は、朝のスタートからして違う。」
 そう、思った。開け放った窓から入る朝の清々しい空気のせいか、思いのほか仕事が早く終わった。
「まだ、時間があるな......。」
 実は締切日を二日過ぎていたこの原稿を書くため、私はパソコンを開いた。会社の前を通る県道も、まだ車の数はまばらで、隣家の屋根には雀が数羽、気持ち良さそうに、さえずっている。冷やして持参した水素水もいつもより美味く感じる。そうこうしているうちに、スタッフが出社してきた。私の車を見て、みんな首を傾げている。普段、この時間に私の車があることはほとんどない。その光景も少し可笑しい。どちらかと言うと苦手な家の片付け仕事だが、そのために前倒しした時間を、思いがけず愉快に過ごせた。
cl101.gif
 家に帰るころには実力者も、お目覚めの時間だ。炊飯器のタイマーはピタリとセットしてある。今朝の焼き魚は、彼女のもうひとつの(好物)である、シシャモを用意した。その後始まる作業で、少しでも指示が甘くなることを願っている。

このページの先頭へ


リフォームサービスエリア

群馬県中毛地区

前橋市、伊勢崎市、玉村町

群馬県西毛地区

高崎市、安中市、藤岡市、富岡市

群馬県北毛地区

渋川市、吉岡町、榛東村

群馬県東毛地区

太田市、桐生市、みどり市、大泉町