HOME »  社長コラム » 『とん汁と、たてまえ』

社長コラム

『とん汁と、たてまえ』

2019年2月 1日掲載

 その年も、残り10日となった土曜日の早朝。私は、ショールームの実演キッチンの前にスタンバイしていた。...『とん汁を、作ってもらえませんか...。』電話の主は、副社長のイワサキさんだった。彼のことを、私はミスター・ダイキョーと呼んでいる。私より一つ年下だが、その卓越した営業センスに惚れ込み、コンビを組んで以来20年が経つ。
cl119.gif
 冬至でもあったこの日、かねてから彼が注文を受けていたF様邸の建前(たてまえ)が行われることになっていた。そのお昼のお供に、大工の棟梁をはじめとする職人たちに食べてもらおうというのだ。朝のうちに作って、F様とのコミュニケーション役を務めるシマダさんに鍋を渡す段取りになっていた。ダイキョーの『とん汁』の歴史は意外に古く、20年前からこういった場面で作ることが多かった。...「お疲れ様です!俺が作ったんだけど、食べてみて!」お昼休みに現場に押しかけ、『あれ、社長、うまいよ!』と、わざわざ棟梁にお世辞を言わせる。思えば私は、当時から面倒くさい男だった。それを創業時からの相棒であるミスターが憶えていて、今回も私に出番を用意してくれたのだ。...ジャガイモ、大根、人参、タマネギ、ゴボウやコンニャクを、水から煮込む。油で炒めてから煮るやり方もあるが、ある料理番組で、『水からそのまま煮た方が、野菜の旨味が汁に出て、美味しいですよ。』と、和食で有名な先生が言ったのを聞いて以来、私はそうしている。野菜に火が通ったら、豚のバラ肉を入れてしばらく煮込む。味付けは味噌がベースだが、他に豆板醤、試行錯誤の末に選ばれた調味料各種を加え、最後に根ショウガのスライスをパラパラと鍋に落とすと、ちょっとピリ辛の、懐かしい味がよみがえった。
 ...調子に乗って、作り方の説明などをしているうちにマス目が埋まってしまった。今月の話もそろそろ終わりにしなければならない。...建前は無事完了し、シマダさんによって、現場からの『お世辞』が、洗った鍋と共に届けられた。副社長をはじめ、スタッフは私の性格をよく捉えている。

このページの先頭へ


リフォームサービスエリア

群馬県中毛地区

前橋市、伊勢崎市、玉村町

群馬県西毛地区

高崎市、安中市、藤岡市、富岡市

群馬県北毛地区

渋川市、吉岡町、榛東村

群馬県東毛地区

太田市、桐生市、みどり市、大泉町