HOME »  社長コラム » 一石二鳥

社長コラム

一石二鳥

2019年9月 1日掲載

『87センチですねぇ。』 
 年に一度の人間ドック。まだ、梅雨も明けぬ7月の第2木曜、金曜日。2日間に渡って体のチェックを受けてきた。昭和38年5月生まれであるから、56年と2ヶ月点検になる。それは、さておき...。ウェストのサイズが証明するように、中性脂肪とコレステロールが正常値を超えていた。
『運動不足とお酒の量が影響すると言われていますね...。』
 優しくキレイな保健士のお姉さんはこちらを気遣い、『一般的に』と付け加えたが、私の場合は「確定的」である。そこで...。
『それは社長、いよいよ歩いた方がいいですね。俺は、79センチになりましたよ!』
 この2年、毎朝1時間、どんな天気の日も歩き続けたミスター・ダイキョーこと副社長のイワサキさんが、自身のウエストサイズを公表しながら、数値も正常だったことをやや自慢げに話す。ちょっとシャクだったが、彼を見習うことにした。週末の早朝に行くゴルフ練習場の敷地を含めた外周約1キロを、そのコースに定めた。練習場には奥行50メートルの屋根付きパーキングがあり、『雨だから今日はお休み!』という、私のような怠け者の口実が通用しないところがまた良い。善は急げ。ドックを終えた翌日。幸いにも雨は上がり、時速6キロの早歩きでコースに挑んでみると、1周10分で息が上がり、胸が苦しくなった。情けないが、これが現状である。まずは呼吸を乱さずに1周出来ることが大切だが私の場合、苦しいだけでは恐らく続かない。歩いた後はご褒美が必要だ。『朝の100球』と呼んでいる、ゴルフ練習がそれである。やがて歩く楽しさも感じられるようになれば、その日数と距離も増え、脂肪も燃焼し、ゴルフの腕も上がるかもしれない。一石二鳥である。この組み合わせで1年後、ミスターと保健士のお姉さんをビックリさせたい。
 追伸。
(もう一つの問題は、どうするのか?)という疑問に答えていなかった。『酒ですか?それは以前と変えていませんよ!』ここは、ミスターの意見を素直に受け入れた。私の場合、苦しいだけでは続かないのである。

このページの先頭へ


リフォームサービスエリア

群馬県中毛地区

前橋市、伊勢崎市、玉村町

群馬県西毛地区

高崎市、安中市、藤岡市、富岡市

群馬県北毛地区

渋川市、吉岡町、榛東村

群馬県東毛地区

太田市、桐生市、みどり市、大泉町