HOME »  社長コラム » 『プラン1、2』

社長コラム

『プラン1、2』

2022年6月 1日掲載

4月の第三金曜日。
二十四節気は『清明』
一昨日は、その名に違(たがわ)ぬ好天だったので、お礼状には時候の挨拶を「陽春」と書いた。
時刻は、8時30分。
手紙を受け取る側も、『「春寒」の間違いじゃないのか?』と苦笑いしそうな冷たい雨が、車のフロントグラスを濡らしていた。
国道17号線を南下中、前橋市街地の信号待ちで電話が鳴った。
『ああ、○○です。いやあ、生憎の雨だねぇ、今日はどうする?』
このあと一緒にラウンドする予定のA氏からである。
彼は、私が所属する奉仕団体の大先輩で、度々私をゴルフに誘ってくれる。
「いや、どうしますか?」
『ゴルフ場から一番遠い人に、まずは連絡しました。ですから、ヨシザワさんが決めてください。』
A氏の声色からは、(やりましょう!とか言うなよ)というニュアンスが伝わってくる。
クラブに入って15年。
私も先輩への返事には気を遣う。
「ありがとうございます。そうですねぇ、風邪ひいても困りますから、また次回ということでいかがですか?」
『そうだねぇ、じゃあ、そうしましょう。他のメンバーには、私から言っておきますから。』
(これで中止の言い出しっぺはヨシザワくん!ということになった訳だが、これも後輩の役目だ)と、心の中で呟く。
「お手数掛けますが、よろしくお願いします。」
・・・(さてと、じゃあどうする?)
ハンドルの上部に両手を乗せて、私はあれこれ思いを巡らせた。
1、(このままハンドルを左に切って出社する。)
しかし、『あれ、「晴れ男」の社長でも、この雨は止ませることが出来なかったんですね!』
皮肉のこもった嬉しそうなスタッフの笑顔を見るのがシャクだったので、このプランはやめた。
そこで・・・。
2、(練習場でみっちり打ち込んで、そのあと旨い手打ちそばの店でお昼を楽しみ、床屋でサッパリしてから、何食わぬ顔で夕方、「ただいま!」とゴルフ帰りを装う。)
こちらのプランを選んだ。
・・・夜には会議が予定されていて、雨は昼前には止むことになっているのである。
『やっぱり、晴れちゃったんですね!』
 スタッフの悔しがる顔が思い浮かんだ。

このページの先頭へ

下水切替工事

中古住宅不動産情報

すまいのタスカル

新築施工日記

新築施工日記

新築施工日記

手丸さんプロフィール

受賞

受賞

水まわり工房工スタートダッシュコンテスト2019年「プラチナ賞」受賞

リフォームサービスエリア

群馬県中毛地区

前橋市、伊勢崎市、玉村町

群馬県西毛地区

高崎市、安中市、藤岡市

群馬県北毛地区

渋川市、吉岡町、榛東村

群馬県東毛地区

太田市、桐生市、みどり市